25年経っても風化しない記憶

センター長の石川です。

阪神・淡路大震災から、もう25年ですね。
それぞれに、それぞれの人の思いが駆け巡る日なのでしょうか。

私も当時は大阪府社協の救援隊の一人として、神戸市内(主に東灘区)で活動していました。
もちろん、震災の揺れを体験している身でもあります。

当時のことは、自ら「瓦礫の街から」という文章として克明に記録しています。
しかし、それを読み返さずとも、当時被災地であったことは、
私の記憶の中で風化せずにはっきりと残っています。
そして被災地の方はなおさらだと思います。

風化させずに、当時の記憶を刻んでそして繋げていくことですね。

25年経っても風化しない記憶

ありきたりな言葉かもしれませんが、
亡くなられた方は、星々になって私たちのことを見守ってくれているのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です