雨にも負けず

センター長の石川です。

手前味噌になるかもしれませんが、
宮沢賢治の有名な詩、「雨ニモマケズ」を使って在宅分野で頑張るスタッフたちの
応援メッセージを作ってみました。
もちろん、入居施設で働くケア職員も同じです。

「雨ニモマケズ」

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けず

新型コロナウイルスの脅威と恐怖の中でも

丈夫なからだと心をもち

決して怒らず

いつも冷静に対処し、利用者には笑っている

一日に、相談・訪問・デイ・ショート

守るべき人たちのことを

よく見聞きし分かり

そして忘れず

地域の住民や高齢者にとって

灯台のような建物から

東に病気の高齢者あれば

行って適切なマネジメントをし

西に疲れた介護者あれば

行ってそのつらさを受け止め

南に死にそうな人があれば

行って看取りを支え

北に認知症の人が不安の中にいれば

あたたかなまなざしと言葉をかけ

新型コロナウイルスの恐怖に怯えながらも

日照りの時は汗を流して自転車をこぎ

寒い冬も北風に負けずに歩き

マスコミにはその地味な努力を

褒められもせず

苦にもされず

それでもひたすら頑張っている

そういうケア職員たちを

私は

誇りに思いたい。

 

コロナウイルスは寄せ付けない!

コロナウイルス対策実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です