第61回ネットワーク委員会が開催されました

センター長の石川です。

コロナ禍での地域への活動は本当に制限が付きまといます。
特にネットワーク委員会は、各組織の代表の方が来られているため、
ネットワーク委員会で何かをするとなると、万が一クラスターが発生した場合、
各組織の責任も問われることになります。
そのため、委員会としての動きは制約が伴っています。

そのような中でも、現在少人数で毎月再開している認知症カフェ(飲食がだめなので、「リボンの広場」に改変)に、
出前講座で来ていただくことになりました。
11月25日に薬剤師会の川口先生(英田南)27日に歯科医師会の松前先生(英田北)が来ていただき、お話ししていただきます。

ネットワーク委員会

このように、出来るところからやっていく。
後は、その時のコロナ情勢がどうなっているかはわかりませんが、
とにかく「やれない」ではなく、「やれそうなことをやる」(これ、大阪弁ですかね?)ですね。

ネットワーク委員会

 

こんな怖いところは登りたくはないですが…