第6回シンポジウムに向けて・第52回ネットワーク委員会開催

センター長の石川です。

9月17日、第52回英田地区認知症ケアネットワーク委員会が開催されました。

今回は楠根中学であった、中学生との認知症サポーター講座に向けての話し合いを元に、今回学校教育委員会室長も来られていたので、今後の小中学生への取り組みの必要性について話しあいました。それぞれの地域の特性があるので同じようなわけにはいきませんが、人権研修の一環として今後もアプローチが必要でしょう。

続いて、ネットワーク委員が進めているシンポジウムの詳細を詰める協議が行われました。

ネットワーク委員会開催

大阪府警の劇も楽しみですね!

実際の症状について、演技で行い、発言することが出来ない患者本人の言葉をバックのパワーポイントで写すという方法に。

その後は脳梗塞の説明、そして会場とのクイズ方式で、脳梗塞の理解を深めることにしました。

さて、委員の皆さん、ますます脂がのってきた感じ。

楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA