私を支えてくれる大切な人(新聞投稿記事より)

先日、新聞に下記のような投稿がありました。

認知症の母を介護する娘さんの投稿ですが、本当に心に深くしみこむものでした。

 

 

娘として、自分のことを覚えていてほしい思い
字を忘れたのではなく、書くことを忘れてしまった本人の恐怖

そしてますます混とんとしていく本人の世界の中で
娘さんは、自分を助け、支えてくれる神様のように思えたのかもしれません。

 

混とんとした世界の中で
認知症の人は一人では生きていけなくなります。
たとえ自分が大混乱の中、叫び声をあげていたとしても
誰かの支えと助けがないと生きてはいけないのです。

 

ケア実践者は
認知症の人にとって救いの神
なのかもしれません。

でも、悪魔にもなってしまうかもしれません。

私たち次第ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です