私のことを「認知」と呼ばないで

センター長の石川です。

私のことを「認知」と呼ばないで
ある認知症の人の言葉です。
「認知症」と呼ぶのがそんなに邪魔くさいのですか?と続けられます。

「認知」或いは「認知の人」と呼ばれると、
軽蔑されたような、人として下に見られているような
そんな気持ちにさせられるとも話されていました。

私のことを認知と呼ばないで

認知機能に伴う「認知症」という病気であり、
「あの人認知やから」と蔑むように言われることは心外であり、
人としてリスペクト(敬意を払う)態度では決してありません。

残念ながら「認知」と呼ぶのはケアマネジャーに多いようです。
ケアプランナーであっても、認知症の人の優位に立つ存在ではないのです。
少なくとも専門職は注意すべきことです。

私のことを認知と呼ばないで

「認知」と呼ぶのは「痴呆」と呼ぶのと根本的に変わってないではないか。
多くの認知症という病気になった人の声です。

その職場が認知症の人に「人として敬意を払っているか」どうかの
指標になるかもしれません。

私のことを認知と呼ばないで

*これまで私はこの点について注意をしたことはありません。専門職の気づき力に期待していたからですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です