心と心はすぐ近くで繋がっている

センター長の石川です。

約3年半デイサービスやショートステイ、ヘルパーを利用されていましたAさんが、
長男様がおられる神奈川県に引っ越されました。

その長男様から「アーバンケア島之内」への丁寧なお礼の手紙をいただきました。
私たちにとって、とても励みになる内容の手紙でした。

心と心はすぐ近くで繋がっている

化野念仏寺にて

東大阪で一人暮らしのAさんが認知症になられて、遠く横浜に住むご長男様は途方に暮れたとのことでした。
それから3年半、Aさんには様々な出来事が起きましたが、
デイサービスやヘルパーを利用しながら頑張って独居生活を続けてこられていました。
長男様も遠方でありながら、度々来阪し、Aさんのケアを行っておられました。

心と心はすぐ近くで繋がっている

7万年の歴史が眠る水月湖

しかし、独居生活も厳しくなり、このまま大阪での生活を続けるには長男様との距離はあまりにも遠く、長男様の自宅近くの特養への入所となったのです。

Aさん最後の日のデイサービス、私は見送る時に泣いてしまうと思い、わざと訪問相談をその時間に入れました。
その日はお別れの挨拶というよりごく普通の会話をして、
明日を見つめるAさんの姿を見つめながら、そっとお別れしました。

扉の向こうには新たな生活が…

今、デイサービスに、いつものAさんの姿がないのはやっぱり寂しいですね。

元々関東出身で、ちょっと大阪弁や大阪のおばちゃんが馴染めなかったところがあったAさんですが、
今はきっとお友達もできて、楽しく過ごされているのではないかと思います。

ご長男様からの「感謝の手紙」ではありますが、
私たちこそ、Aさんや長男様と出逢えたこと、そして関りを持てたことへの感謝の思いでいっぱいです。

心と心はすぐ近くで繋がっている

今日はペルセウス座流星群の日ですね

遠く離れても、コロナウイルスで尚更距離が離されても、心と心はすぐ近くで繋がっている。
青空や星空が繋がっているように。

私たちとAさんだけではなく、今は直接の面会が出来ないご家族も、
「心と心はすぐ近くで繋がっている」と言えるのではないでしょうか。

それも、今まで以上に。

心と心はすぐ近くで繋がっている” に対して2件のコメントがあります。

  1. 広⚫︎ずず より:

    ↑↑朝の通勤電車の中で読ませていただきました。[竹内まりや]のいのち歌♫を聴きながら、、でしたので、思わず涙が溢れてきました、、

    日々のケアの中で、不甲斐ない自分に果たして何が出来ているのか、、ある日突然の訃報を伺ったりすると、特にそう思いますが、センター長の『心と心で繋がっている』というお言葉は心に染みました。

    1. ninchisho-yui より:

      ありがとうございます。コメントを確認するのが遅くなり失礼しました。コロナ禍で距離が置かれる中、
      私たちの仕事は「繋がっていく」ことですよね。それは物理的にも精神的にもだと思います。
      山あり谷ありですが、歩んでいきましょう! 竹内まりやの唄、いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です