幾星霜の相好(4)桜陽を浴びてその1

センター長の石川です。

「幾星霜」 幾年も四季の星や冬の霜を体験してきた人、苦労を経たうえでの長い年月のこと

喜びも悲しみも幾年月 子どもの時代、青春時代、子育ての時代、家族を必死に守ってきた時代、そして老いと闘ってきた日々…それぞれの方にそれぞれの幾星霜がある方々の表情

幾星霜の相好

 

幾星霜の相好

共に同じ景色を眺める

今回は、人生のマイルストーン、桜を見に2階のベランダへ。

幾星霜の相好
コロナ禍で、陽光を浴びること自体が久しぶりかもしれません。

幾星霜の相好
眩しく暑いほどの桜の陽光
そして満開の桜
幾星霜の相好
例え、言葉にできなくても
表情に表せなくても
きっと何かを感じてくれているはず。

幾星霜の相好

春 陽光を感じて

幾星霜の相好
桜には心を穏やかにさせてくれる不思議なパワーがあるようです。

幾星霜の相好

みつめあう…

 

幾星霜の相好

次回も別の方のお写真を載せます。

幾星霜の相好

幾星霜の相好