平成生まれの新スタッフさんとの研修

今日は平成最後の日。
平成生まれの職員さんたちへの認知症研修会でした。

まだまだ分からないことばかりですね。

もっとも、平成以前の職員さんも何人かはおられましたが、
もちろん、その職員さんたちも頑張ってくれている人たちです。
いつのまにか、介護の現場も平成生まれの人が中心になっていきますね。

昭和が63年間、それに比べると、平成はその半分でしたが、
中身の濃い時代でした。
その時代に育った人たちによる新しい感覚からの発想に期待したいですね。
昭和中盤生まれの私がいつまでも口を出していてはいけないのかなとも思います。

パーソン・センタード・ケアを体感します

とは言うものの、私は私で窓枠から見えるだけの世界でなく
もっと広く視野を広げて世界を広げて、いろいろ学んでいきたいと思っています。

平成の時代、色々とお世話になった皆様
ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です