山頂へ登ると、そこは下界だった

センター長の石川です。
今年の春は、コロナによる緊急事態宣言が出され、何もかもがその動きをストップさせてしまいました。
ただ介護の現場で働くものは、感染の恐怖に怯えながらも出勤を続けていました。
まさしく「介護を止めるな!」ですね。
そんな自粛期間中、アーバンケア島之内の屋上に上がり、生駒山を眺めることで動揺する心を落ち着かせたことがあります。

山頂へ登ると、そこは下界だった

緊急事態宣言中は、山上遊園地もストップです

生駒山というと、ドライブで上がって夜景を眺める、そんなイメージしかない山でした。
しかし、屋上から生駒山を眺めていると、その中腹に展望所みたいなところがいくつかあるのを見つけ、
コロナが落ち着いたら反対側からアーバンケア島之内を見てみたいと思っていました。

山頂へ登ると、そこは下界だった

矢印の部分が額田山展望所です

そして半年後、これまで車で登る山のイメージしかない生駒山に、枚岡公園から足で登ってきました。

山頂へ登ると、そこは下界だった

南港の赤い橋、そしてうっすらですが明石大橋も写っています。手前は花園ラグビー場です

まずは中腹の額田山展望所から。
アーバンケアはまさしく地域の灯台の如く、目立つ色なのですぐに見つけることが出来、望遠カメラでゲット。

山頂へ登ると、そこは下界だった

少しずつアップしていきます

山頂へ登ると、そこは下界だった

目立つ色なのですぐにわかりました。

ようやく反対側から見ることが出来ました。

山頂へ登ると、そこは下界だった

デジカメのデジタルズームで。さすがにぼやけますが、人がいれば誰だかわかりそうです。

この日はお天気も良く、あべのハルカスの向こうには淡路島まで見えました。

山頂へ登ると、そこは下界だった

あべのハルカスからも、こっちを見ている人がいたのでしょうね。

さて、ここから登ること1時間半、テレビ塔が立ち並ぶところまで登ってきました。
思っていた以上に距離があります。

山頂へ登ると、そこは下界だった

青空にラグビー日本代表模様の鉄塔が生えます(笑)

生駒山の山頂の三角点は遊園地の中にあります。

山頂へ登ると、そこは下界だった

あまりない一等三角点の石標が生駒山にあります

山頂へ登ると、そこは下界だった

何と遊園地の乗り物の敷地内にあるため、近づけません(笑)こんな三角点、日本ではここだけでしょう。ある意味貴重です。

それまでノーマスクで行けた人の少ない登山道。
ところが遊園地の中に入った途端、そこは人人人!山頂に登ったのにまるで下界にいるような人の多さでした。
外にある山頂遊園地なら安心という思いもあったのでしょうか。めっちゃ賑わっていました。
そこで早々に退散しました。

山頂へ登ると、そこは下界だった

一年前のものですね。無事見つかっていて欲しいのですが…

下山途中のベンチに行方不明者の写真が。およそ1年前のものですね。この方見つかったのでしょうか? 生駒山とはいえ、一歩登山道から外れると、探しようもないかもしれません。山中で見つけた捜索写真。仕事柄ちょっと心が痛いものでした。

山頂へ登ると、そこは下界だった

額田山展望所です。わずか240メートルですが、眺めは抜群です。

登山とまでは行かなくても、額田山展望所まで登れば、いい景色が見れますよ。
お天気が良い時は行ってみてはどうでしょうか。枚岡公園から約20分で登れます。

山頂は下界だった

さて、アーバンケア島之内はどこにあるでしょうか?

アーバンケア島之内を探せ!

 

山頂は下界だった

矢印の場所ですよ