変化していく地域での取り組み

アーバンケア島之内は、コロナウイルス対策「新型コロナウイルス感染症防止ガイドライン」を遵守しています。

コロナウイルス対策実施中

センター長の石川です。

少しずつ動き出した地域での取り組み
何よりも嬉しかったのは、皆さんお元気な姿を見せてくれたこと。

しかし以前のような状況とは違う風景です。

変化していく地域での取り組み

必携アイテムになりました

人と人の間隔をあけ、窓は暑くても全開です。

変化していく地域での取り組み

間隔をあけて座ってもらい、窓も全開です。

あまり活発な動きは飛沫が飛ぶことになるので、
実施側もどのようなアプローチをしようかと、悩み多きところですが、
皆様の笑顔が見れたのが何よりです。

変化していく地域での取り組み

真剣に皆様聞いてくれます。

とにもかくにも、やること、参加してもらうことですね。
この時は認知症の話でしたが、
「家に閉じこもってばかりいると、ほんとに認知症になってしまう。」
という危機感はどなたも持っておられたようです。

変化していく地域での取り組み

廊下側のドアも開放です。

前回以上に感染症が増加してきた今、地域の方々にはますます厳しい状況になります。
暑さも拍車をかけるでしょう。

しかし、少しでも地域の方が心潤える時間が持てるならばと、
私たちも模索していきます。

変化していく地域での取り組み

熱中症対策は「サントリー」です。

熱中症予防に向けてさんとりーです

厚労省HPより

とにもかくにも、まずはしっかりと水分摂ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

使命感

次の記事

それぞれに…