今年最初の天の川

この季節になると、深夜には夏の風物詩、天の川が昇ってきます。
もっとも、天の川自体は冬にもあるのですが、
はっきりとわかるのは、さそり座が引っ張り出してくる夏の天の川でしょう。

写真の右の赤っぽいのがサソリの眼アンタレス
でかく光っているのが木星です。

左の森も緑色の「空」の字に照らされています

いつも撮影に行く曽爾高原の夜間無料駐車場ですが、
何と自動有料化され、それ自体は仕方ないと思うのですが、
明かりのない山奥に、煌々と駐車場「空」のLED照明の輝きが!

星空撮影どころか、周辺の風情もぶち壊すような感じでした。
そのため、本来もっとはっきり写るはずの天の川も今ひとつです。
ブログは画像をかなり縮小しているので、さらにわかりにくくなってしまいます。

東側は東海地方があるのでその街の明かりで、星粒がかなり消されています。

東の空に目を向けると、すでに夏の大三角が出ています。

季節は確実に夏へと向かっていますね。
何億年と繰り返されている自然の姿なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です