一般の方への講座シリーズ 1.「認知機能」について

センター長の石川です。

週1回程度の割合で、認知症について載せていきたいと思っています。

今回は一般の方への内容になりますが、専門職の方でも初心者の方には読んでいただきたいと思います。中央法規出版「認知症のケアマネジメント」で、長谷川洋先生が書かれた部分を引用しながら説明します。

 

「認知機能」について

認知機能っていったい何でしょうか? あまり聞きなれない言葉ですが、実は私たちが日常生活を送るにおいて、とても大切な機能なのです。

例えば、AさんがBさんの話を聞いているとします。

AさんはそのBさんの話を瞬間的に解釈します。同時に部屋の温度を感じたり、明るさ暗さを感じたり、おなかが減ったななどという自分の身体的なことも瞬間に判断します。様々な生活上の動きの全てに認知機能が働いているのです。

つまり認知機能とは物事を判断する力なのです。日々の活動は、認知機能が保たれていることで成り立っているといえます。

ところがこの大切な認知機能の低下をもたらすのが認知症なのです。

(つづく)

 

*中央法規出版「認知症のケアマネジメント」長谷川洋・石川進 P2より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です