レッドアラームだからこそショート、デイの利用を!

センター長の石川です。

コロナウイルスの猛威はなかなか収まりませんね。
高齢者は出るのを控えてと言われます。

ただひとつ気を付けなければならないのは、最近特に家庭での感染が増えていることです。
移すつもりがなくても、つい同居家族に移してしまうのです。

ですから同居者がおられる高齢者こそ、安全策としてショートステイを活用してみてはどうでしょうか。
高齢者施設でのクラスター発生のニュースを聞くと、二の足を踏むこともあるでしょうが、
だからこそ、高齢者施設の感染症対策は、気を緩めずに行っています。

家でじっとしてるよりも、「心身ともに」いい意味で刺激があるショートステイ活用を考えてみてください。

大阪レッドアラート発令中

人に移したくなければマスクをしましょうね

また不特定多数が来られるデイサービス。そのためこの利用にも二の足を踏むと言う気持ちはわかります。
しかし、家でじっとしていることは、心も体も、そこから「健康」を奪ってしまいます。
それは病気を誘発します。家で転倒もあるでしょう。
でも、今は病気にはなれないのです。
受け入れてくれる病院がないのですから!

ですから、不特定多数の人がいるというリスクはあるものの、
心身を健康に保つためのデイサービス利用はとても大切なことなのです。

レッドアラームの時こそ、ショートステイ、デイサービスを活用しましょう!

本当の敵はウイルス

人を守っている人たちを守ってください!

それにしても、これだけ疲弊している医療現場や介護現場の人たちに、
深く頭を下げ、ねぎらいの言葉のひとつも言わず、スマホの料金値下げだけを自慢する
日本丸船長の船に乗っている私たちはどうなるのでしょうかねぇ…