コロナより怖い心身を蝕んでいくこと(介護サービス利用のすすめ)

センター長の石川です

本格的寒さの到来ですね。
今年はかなり寒い冬だとか。
さらにコロナの大襲撃!

高齢者は外に出るなと言われます。
確かにそうなのですが、
家にじっとしていることは、コロナ以上に怖いことが襲ってきます。
半年後には確実に。

コロナより怖い

来年の春にお花見ができるためにも健康管理!家にこもっていてはダメですよ!

まず身体的には足腰が弱ります。
高齢者はたちどころに筋肉がなくなり、ちょっとしたことで転倒しやすくなります。
転倒すれば確実に入院、あとは悲壮な状況が待っています。

筋力の低下だけでなく、内臓系も弱り、様々な病気を発病します。
病気になっても、今は簡単には入院できません。
だから普段から健康でいなければならないのです。

そして何よりも、家でじっとしていることは、
認知症になる確率をかなり上げてしまいます。

コロナより怖い

デイサービスに来て心身ともに働かせましょう!

ではどうすればいいか?

家にじっとしていてはダメです。

介護認定を受けている人ならば、デイサービスに行きましょう。
皆さんの周りにおられれば、声を掛けてあげてください。

コロナより、寒波より怖いのは、家でじっとしていること。
確実に高齢者の心身を蝕んでいきます。

コロナより怖い

感染症対策をしっかりと行っています

 

健康維持のためにも介護サービスを活用してください。

サービスの受け方がわからなければ、地域包括支援センターに連絡してください。

もちろん、アーバンケア島之内デイサービスセンターも、お待ちしています!

 

次の記事

「一生に一度」