ケアマネジャーは頑張ってるんだぞ!という研修しました。

センター長の石川です。
7月22日、アーバンケア稲田にて、稲田、新喜多両包括合同主催によるケアマネジャー研修会を実施しました。
今回のテーマは「誇れ!ケアマネジャー!」という題名です。

ケアマネジャーは、今や医師や看護師と同じように、今の社会ではなくてはならない存在です。
介護保険制度において、ケアマネジャーは、利用者の一度しかない人生の最終幕を、どう彩る演出をするかという重要な役割を担っていると言えます。

ケアマネジャー研修

喋りだしたら一杯喋りたいことがある!

しかし現実にはケアマネジャーへの苦情、要望は、やはり少なくないと言えます。
そこは研鑽を積んでいかなければならないわけですが、
今回は、それでもケアマネジャーは、
これだけ頑張ってるんだぞ!ということを再認識したうえで、明日への糧にしていこうというのが主題でした。

ケアマネジャー研修会

連絡調整大変だけど必要不可欠ですね

実際グループワークで、事例で出てきたことを聞くと、本当に多種多様な対応をこなし、時にはクレーマーのような人に怒鳴られることもありながらも、根気と継続で頑張り、連絡調整で頑張る、ここぞという時に頑張っているケアマネジャーの姿が見えてきます。

まさしく、宮沢賢治の「雨にも負けず…」の世界ですね。

ケアマネジャー研修会

お菓子をつまみながら、熱意を語ります。

本来自己アピール(ケアマネ頑張りアピール)すると、それは驕りに繋がるとか、もっと謙虚にとかすぐに言われそうですが、実際、頑張ってるケアマネジャーの姿、もっとアピール出来たらいいなと思いました。

そのほかに思うことは多々ありましたが、長くなるのでそれはまたいつかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です