がんばれ!ラグビー日本代表!

センター長の石川です。
ラグビー応援歴40年になる私にとっては、もう嬉しくて仕方がない日々です。
その気持ちに拍車をかけたのが、ジャパンの強さだ。

ワールドカップは最初の頃からジャパンを応援していました。
しかし、勝つところを見ることは一度もなかった。
それどころか、ニュージーランド、オールブラックスには145点も取られて負けるという屈辱的な試合も見ることになる。
いくら応援しても、ジャパンは弱かった。

ラグビーにはランクがあります。ティア1と呼ばれる、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランスなどです。
日本はそれらの国に一度も勝ったことはない。

2015年、対南アフリカ戦。翌日に地域の方とのグランドゴルフがあるため、どうせ勝てやしないと寝てしまった。ブライトンの奇跡を見逃した。

そして今年、サモアとの死闘は目の前で見ました。スタジアムの大勢の人と絶叫したのです。

がんばれ!日本代表!

サモア戦。ラストチャンスの作戦を練る。目の前で闘ってくれました。

がんばれ!日本代表!

サモア戦。このあとすぐ、劇的なトライに繋がりました。

その絶叫はアイルランド戦でも、スコットランド戦でもパブで多くの若者たちと分ちあいました。
赤白のジャージを着て街を歩くと、見知らぬみんなが祝福してくれます。
帰りに寄ったコンビニの店員さんも、めちゃ喜んでくれた。

負け試合をずっとずっと見続けてきた私にとって、こんな至福なときはない。
ベスト8に進めただけでもう9割満足だ。
でも南アフリカに勝ってほしいという思いは20割。計算が合わない(笑)

がんばれ!日本代表!

南アフリカ、好きなチームでもあるのですが、今回だけはダメ!

とは言うものの、オールブラックスですら前回の南アフリカとの試合では2トライしか取れなかった。
南アフリカは強い。

がんばれ!日本代表!

南アフリカのスクラムハーフ、デクラーク。この金髪の坊やがあげるキックが曲者です。

ニュージーランドの専門家は日本が勝つ可能性は20%という。その通りだと思う。
だけど、その20%に100%かけてみよう!

下記映像はスコットランド戦でのファンの雰囲気を見事に描いたものです。
後半のスコットランドの追い上げに悲愴な顔になっていく人たち。私もそんな表情のひとりでした。

https://www.youtube.com/watch?v=BjwVFOh0-ZM

南アフリカ戦。こんな表情の時が多くなるのかな。
でも勝っても負けてもきっと泣くだろうし、負けてこれまでの充足感が失われることはないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA