あれから一年

センター長の石川です。

昨年の2月20日は、藤川幸之助氏の講演会があった日です。
未知のコロナウイルスの恐怖に怯え、世間が大騒ぎになり始めた時でした。

あれから一年

藤川幸之助氏講演会「支える側が支えられるとき」

講演会自体実施の有無が問われるほどの、ぎりぎりの状況での開催でした。
消毒、そして参加者は全員マスク。
今なら当たり前の景色も、当時はみんながマスクをしているのが異様に思えた時期でした。

あれから一年

まだおおらかな日でした

そして心に残る藤川先生の講演は、
これからもあの日を境に… と、印象に残る講演会となりました。
思えば、たくさんの人が集まって心が和む話を聞けるのは、
今日時点において、この日が最後となりました。

あれから一年

和やかな雰囲気もこの日以降途絶えています

翌21日から、行事と言う行事は一斉に禁止。
そして面会もできない、鎖国状態と施設はなったのです。

まさかこんな状況が一年も続くとは、この時は誰も思わなかったでしょう。
それどころか、この時よりもはるかに感染者を多く出す第3波に襲われたのですから。

丸々一年間、面会できていないご家族の方も多くおられます。
本当に切ない、もどかしい日々だと思います。

職員も、つらく、長く、耐えることと、感染の恐怖に不安になる日々
「でした」と書きたいところですが、まだまだその日々は続きます。

あれから一年

ベランダ面会。話は携帯電話で行いました。

ワクチンも恐らくはかなり遅れるのではないでしょうか。
少なくても、あと半年、試練の日々が続くかもしれません。

今は耐え抜いていきましょう!

あれから一年

必ず出口はやってきます!(画像:pikistより)

トンネルの先の光は見えてきました。

まだ遠くにですが、でも着実にその光は大きくなっていきます。