「父と娘の認知症日記」

センター長の石川です。
NHKドキュメントでも取り上げられた
認知症を発症された長谷川先生と娘さんのケアの様子が
一冊の本になりました。
販売に先駆けて、中央法規出版から送ってもらいました。

父と娘の認知症日記

中央法規出版社 税別1300円です

「生きている限り生き抜きたい」
「生かされるのではなく、自分の意志で生きたい」
と、長谷川先生は話されています。

シンプルにまとめられた、読みやすく、かつケア専門職も必読の言葉が織り込まれています。
是非とも皆様もお読みください!
なお執筆協力者は寺田真理子さん
中央法規担当は寺田真理子さん。
同姓同名で、先生はびっくりされたようです(笑)

父と娘の認知症日記

 

さて、話題は変わりますが、昨日は木星と土星が「見た目」の最接近の日でした。
目のいい人は、肉眼でも二つ見えたそうですが、
私の目には一つに見えました(苦笑)
望遠レンズで撮ると、まぁそれなりに離れてはいるのですが。

父と娘の認知症日記

肉眼で見ると、ほぼほぼ合体しています

しかしこれだけ広い天空で、小さな光の点がほぼ重なると言うのも凄いものです。

今晩はまだ見れるそうですが、次回は60年後です。
今回見逃した人は、60年頑張ってください!

父と娘の認知症日記

アーバンケア島之内の屋上から撮影しました

(木星の下の衛星はイオ。その横は山羊座の恒星。その下はエウロパ。木星の上の衛星はガニメデとカリスト。土星の近くにうっすらと見えるのが、土星の衛星タイタンです。因みにタイタンには生命がいるのではないかと言われています)