「ナニコレ!?」能力を高めよう!(その1)

センター長の石川です。

私たちは普段から見えているもの
生活上必要なことの範囲の中で動いています。
そのため、自分の生活に普段から何ら関係のないものに対しては、関心すら持ちません。
でもそれは、もしかしたら、皆さんの脳細胞や人生を豊かにする発想の損失に繋がっているかもしれませんよ。

例えば、下の写真。

ナニコレの発想力を身につけよう!

四角い穴から見える景色は…

単なる車止めの石柱かなと思うのですが、
なんで頭は丸いのか?
なんで四角い穴が開いているのか?
この四角い穴はどのような意味があり、何に使うのか?
逆に言えば、どんな活用法があるのだろうか?
などなど、色々考えてみると、それはそれでおもしろいものです。

例えば、この四角い穴はロープを通して通せんぼするもの?
というのはごく普通の発想。
ろうそくを置けば灯篭になるのでは?
頭が丸いのは座らせないため?
四角い穴からのぞく世界に意味がある?

と、色々と発想を広げてみることですね。
そんな発想の中に思わぬアイデアが隠れているかもしれません。

私たちの普段の仕事や生活の中では
「見えていて見えていない」ものがたくさんあるかもしれません。

ナニコレ?の発想を持つことは、
「当たり前のようにやっている間違ったこと」に気付く事にも繋がります。

発想力を豊かにすることは、私たちの仕事や人生を豊かにすることにもつながるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA