「まんぷく」最終回ですね

NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」もいよいよ最終回ですね。
そもそも仕事をしていると連続テレビ小説は見れないのですよね。
そのため、私の地元が舞台であっても見ることはなかったのですが、
試しに一度録画してみてみると、なんと面白いではないですか!

アイドルいドルはひよ子ちゃん

まぁ録画し始めたのは、チキンラーメン完成後、カップヌードルへの挑戦を始めたころなのですが。

そして池田市には日清食品、チキンラーメン生みの親、安藤百福の家があります。
その自宅の向かい側には、カップヌードルミュージアムが建ち、連日凄い観光客でにぎわっています。
自宅はもちろん、ドラマの舞台になっているところですね。

さて、ミュージアムの予約のいらないオリジナルカップヌードル作りは80分待ち以上になるようです。
団体さんがとにかく多いです。

面白いのは、安藤百福の銅像
カップヌードルの上に立って、チキンラーメンを持っています。
ちょっと笑ってしまいますね。

自宅を眺めるような形で立っていますね。

安藤百福の言葉で印象に残ったのが、「時は命なり」ですね。
「時計の針は時間を刻んでいるのではない。自分の命を刻んでいるのだ。」と。
深い言葉です。
有限にある時間をあまりにも大切にしていないのかもしれません。

それでもカップヌードルを食べるには、3分待たなければなりませんが(笑)

今は混雑していますが、もし行かれるなら、9時半オープン直前がねらい目ですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA